PR

外構をやってない家はカッコ悪い!?外構なしでもダサくない方法は?

皆さんこんにちは。

ゆすずみです。

 

外構費用って土地の広さやこだわりによって大きく左右されますよね。

中には建物でお金を使いたかったから、外構は後からDIYで作る予定の方もいらっしゃると思います。

しかし、こんな心配も出てくるかと思います。

新築なのに外構をしてないのはダサいかな・・・?

という心配です。

ですので今回は新築で外構をしていなくてもカッコ悪くない方法をご紹介したいと思います。

新築でも外構なしでダサく見えない方法は?

外構計画は、よほど計画性のある施主や優秀な営業担当がいないと後回しにしがちです。

後回しにしたことの弊害は住宅ローンの融資額に影響を与えます。

外構の見積金額が予想より高い場合は、予算を上げるor外構をしないの2択になってしまいますよね。

予算がある方はいいですが、予算がギリギリの方のために、低予算でも可能でダサく見えない方法をご紹介します。

 

①雑草はなるべく生えないようにする!

新築ではないかもしれませんが、雑草が生い茂っている土地にポツンと建っている家を見てどう思いますか?

ちょっと汚く感じるかも。

なんかボロく見えるな・・・。

と思いませんか?

いくら家の中が綺麗でも、他人は家の中の綺麗さまでは確認できませんので、外観で判断されます。

他人の評価を全く気にしない方なら良いですが、そんな方はこの記事を読んでいません。

雑草が生えていると虫も活性化して家の中まで侵入してくる可能性もありますので、雑草はなるべく生えないようにしましょう。

除草剤を撒くのもいいですが、土壌の質が悪くなりますし定期的に撒く必要があるので、少しだけ予算があるなら防草シート&人工芝だけでも施工しておくと綺麗に見えますのでオススメです。

DIYで施工することも可能で、ホームセンターで比較的安価で購入することもできますよ。

 

②土地の境界に大きめの砕石を置く!

境界の隅に大きめの砕石を並べて置くだけでも敷地がはっきりしますので、予算が全くない方はオススメです。

隅に大きめの砕石があることで「ここは自分の土地」と周囲にアピールすることができます。

境界線がわからない場合は人が踏み入れたり、車を乗り入れられる可能性があり、地面が荒れてしまうこともあります。。

砕石の単価自体は非常に安価ですので、何もしないよりはやる価値があると思いますよ。

分譲地で最初から境界ブロックが置いてある場合は必要ありませんが、ない場合は隣人トラブルに発展する可能性がありますので、境界線は明確にさせておくことが重要です。

土地が隣接している場合は、可能なら境界ブロックを施工した方が今後の為にも安心できます。

 

③駐車場は予算が無くてもコンクリートにする!

これは外構無しとは言えなくなりますが、駐車場となる部分は多少費用がかかってもコンクリートにすることを強くオススメします。

車は何百kgとありますし、車通勤の場合、それが1日に最低2回は動かす必要がありますよね?

それが、駐車場を土にしてしまうと、何百kgと非常に重い車が通るたびに土が削れていき、最終的には穴が空きます。

穴が空くと水が溜まり、水はけが悪くなるとぬかるんできて、車を動かすたびに汚れますし、泥が飛び散ります。

そうなったら、毎日泥が飛び散った車や家の外壁を掃除したり、最悪の場合は隣家に泥が飛びトラブルに発展する可能性があります。

タイヤの部分だけでもコンクリートにすれば安く済み、ぬかるむこともないですよ。

 

④玄関アプローチを整える!

玄関アプローチは家と外界を繋ぐ唯一の場所になります。

玄関アプローチだけでも土のままではなく、タイルやレンガを置くことで、一気にオシャレに見えますし、泥や砂が家の中に入る事が少なくなります。

帰宅の度に掃除するのは大変ですよね?

タイルやレンガはホームセンターで安価に売っていますし施工が簡単ですので、DIY初心者でも可能です。

お客さんや友人が来たとしてもアプローチさえ整えていればダサく見えませんし、雨の日でも無駄に泥汚れが付かなくて済みますのでオススメです。

 

まとめ

新築で外構をしていなくてもカッコ悪くない方法をご紹介しました。

家づくりはものすごくお金がかかるので、外構では少しでも費用を抑えたいですよね。

ですが全く外構を整備しないとダサく見えるだけでなく、機能面でも不便が出てきます。

少しでも安く外構をするには外構業者の相見積もりが大切です。

下記から無料で複数の外構業者から一括で相見積もりを取れますので、ぜひご覧ください。

【PR】タウンライフ

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました