PR

【一条工務店】玄関ドアの注意ポイントを4つ紹介!【間取り】

皆さんこんにちは。

ゆすずみです。

 

お家の外観って結構重要ですよね。

古き良き外観を生かし中古物件をリノベーションするのも憧れますが、なんだかんだやっぱり見た目は重要だと思っています。

さて、そんな重要な外観で、家の顔と言われる玄関ドアについての注意ポイントを4つご紹介しますので、間取り作成の参考になればなと思います。

玄関ドアの4つの注意ポイントは?

家の顔と呼ばれる玄関ドアですが、皆さんが気にするのはドアの色だとか、親子ドアにするかどうかではないでしょうか?

しかし、玄関ドアは意外と気にするところがたくさんあります。

今から私自身が間取り作成する上で気を付けた、4つの注意ポイントをご紹介するので、住んだ後に後悔することが少なくなるよう、皆さんも必ずチェックしましょうね。

 

ポイント①ドアの開閉方向について

これは我が家の玄関ドアの開く方向です。

本来なら家の外観から見て、外側にドアが開く方が見た目がスッキリしますが、我が家ではブラケットライトを左の袖壁に設置する関係で、ドアと干渉しないように右開きになっています。

少し後悔ポイントになりましたが、左側の袖壁にマルチフックも付ける予定ですし、子供の外遊び用の物等置いておけるので、広さを優先しました。

こちらのマルチフックは買い物袋や傘で手が塞がったときに使えるので便利ですよ。

どちらの開閉でもあまり変わらないなと思っている方は、駐車場からの動線を考慮し、どちら側にドアを開閉すればストレスが少ないかを考えると良いと思います。

 

ポイント②袖壁の有無について

一条工務店のグランスマート、アイスマートは袖壁を無料で採用することが可能で、長さの限界はあれど延長しても追加費用は掛かりません。

しかしながら、袖壁は設計士によって採用されていない場合もありますので、採用可能か確認してみましょう。

我が家も当初袖壁の設定はなく、設計士になぜか聞いたところ、

設計士さん
設計士さん

僕的に袖壁が無い方がスッキリすると思ったので無しにしました。

と言われましたので、設計士の感性による部分が大きいですが、私的にはあった方がカッコいいと思いましたので、採用しました。

ドアの両側に当たる部分に壁があると風が強い雨の日でも、雨が降りこんでこないので便利ですし、なにより見栄えが良くなります。

屋根だけだと横殴りの雨の際に体が濡れてしまうので、注意しましょう。

 

ポイント③ドアを開けた時のスペースについて

続いては玄関ドアを開けたときのスペースについてです。

玄関ポーチの広さにもよりますが、ドアを開いてすぐに階段だと踏み外すリスクがあります。

玄関ポーチが狭く、すぐ階段がある場合は、手すりを設置するなどの対策をしましょう。

また間取り検討段階なら、玄関ポーチを延長できるか聞いてみても良いと思います。

我が家の場合は、これ以上玄関ポーチを延長することは不可と言われました。

一条工務店に延長不可と言われた場合は、一条の玄関タイルのみ取り寄せ、外構屋さんに玄関ポーチを延長施工してもらうのもありかもしれません。

また、タイルは滑りやすいので、雨が降った際に滑って転倒しないように、玄関マットを敷いておくと安心ですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

玄関一つとっても注意することは多くありますので、玄関ドアの色やデザインだけにこだわるのではなく、機能性、防犯性など様々な目線から見てしっかりとご検討してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました