PR

注文住宅の4つメリットと4つのデメリット!建売とどっちがいい?

皆さんこんにちは。

ゆすずみです。

 

注文住宅は、多くの方にとって理想の家を実現するための第一歩ですよね。

私も建売住宅にするか、注文住宅にするかは非常に悩みました。

この記事では、

  • 注文住宅の概念
  • 注文住宅のメリットデメリット
  • 理想の注文住宅の建て方

について詳ご紹介していきますので、皆さんの家づくりの参考になれば幸いです。

注文住宅とは

注文住宅とは、一般的に顧客の要望やニーズに基づいてハウスメーカーや工務店によって設計され建設される住宅のことです。

これは、一般的なプランや設計図に縛られることなく、私達の好みやライフスタイルに応じて完全に自由設計された家を建てられることを意味しています。

反対に建売住宅はプランや設計図に縛られており、私達の好みやライフスタイルに完全にマッチさせることができません。

私も以前は建売住宅を検討していましたが、将来の人生を思い描いた際に「この家では幸せになれない」と感じたため、注文住宅を建てることに決めました。

注文住宅の魅力は、あなたが望む理想の家を作り上げるための無限の可能性にあります。

 

注文住宅のメリットとデメリットは?

注文住宅には多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットも存在します。

下記で4つのメリット4つのデメリットに分けて、詳しくご紹介していきます。

 

注文住宅の4つのメリットは?

まず注文住宅のメリットについて、下記の4つをご紹介します。

  • 自由度の高い
  • 品質が高い
  • 省エネ性能が高い
  • 最新のテクノロジーの導入

 

メリット①自由度が高い

注文住宅は、私達顧客の希望やニーズに合わせて自由に設計することができます。

  • 間取り
  • デザイン
  • 素材

など、すべてが顧客の要求に従って作られます。

もちろんハウスメーカーによってある程度の指定がありますが、その中でも自由に選択できるのが注文住宅の最大のメリットです。

建売住宅の場合は、あらかじめ決められた間取りやデザインになっており、顧客がそれを選択する形になりますが、全ての希望に当てはまる建売住宅はほとんどないです。

 

メリット②品質が高い

注文住宅は一般的に高品質な素材と工法を使用して建設されます。

顧客の要求に合わせて建設されるため、品質のコントロールが容易であり耐久性や価値が向上します。

反対に建売住宅は大量受注された建築資材を使用して大量生産するため、品質にバラツキが出てしまうこともあります。

建てる前にも確認が出来るので、監視の目があるという意味でも注文住宅の品質が高まる理由でもあります。

 

メリット③省エネ性能が高い

新しい住宅を建てる際には、省エネ性能の向上が見込めます。

断熱材やエネルギー効率の高い設備を導入することで、将来の維持費を抑えることがでるのも大きなメリットです。

以下の3点に着目して詳しくご紹介します。

 

断熱性能の向上

注文住宅はそれぞれのハウスメーカーが適切な断熱材や断熱構造を選択し、断熱性能を高めることで室内の温度を一定に保ち、外部からの熱や冷気の侵入を軽減します。

また、窓やドア、壁などの建材に断熱性能の高い素材を使用することで、室内の断熱性能を向上させ、エネルギー消費を最小限に抑えることができます。

 

高効率のエネルギー設備

注文住宅では、最新のエネルギー効率の高い設備を導入することができます。

建売住宅の場合はコスト削減のために、型落ちの製品が使われることも多いので、エネルギーの無駄が発生してしまうこともあります。

エネルギースター認証を受けた家電製品や、高効率の暖房・冷房システムを選択することで、エネルギーの無駄を最小限に抑えます。

CHECK!

エネルギースター認証とは・・・
パソコンなどのオフィス機器について、稼働時、スリープ・オフ時の消費電力に関する基準を満たす商品につけられるマークです。
日本、米国、カナダ、スイス、台湾の5か国・地域が協力して実施している国際的な制度です。

 

太陽光発電システムの導入

注文住宅では、太陽光発電システムを導入することで、再生可能エネルギーの活用が促進されます。

屋根や庭などに太陽光パネルを設置し太陽光エネルギーを電力に変換することで、家庭用電力の一部を自給することが可能です。

我が家も太陽光を導入していますが、オール電化で月々に掛かる電気代は、冬場でも売電でプラスになるほどとなっています。

蓄電池を合わせることで月々の電気代負担を大幅に減らすことが可能となります。

 

メリット④最新のテクノロジーの導入

上記でも少し紹介しましたが、注文住宅では最新のテクノロジーを取り入れることが可能です。

スマートホームシステムや環境に配慮した設備など、最新のトレンドや技術を取り入れることができるので、生活の質も向上します。

最新の家電を導入したりすることで、それまで家事に掛かっていた時間を自分に充てることができるので、より充実した生活を送れるでしょう。

 

注文住宅の4つのデメリットは?

続いて注文住宅のデメリットについて、下記の4つをご紹介します。

  • 価格が高い
  • 建設期間が長い
  • 予算管理が難しい
  • 信頼できる建設会社の選択が難しい

 

デメリット①価格が高い

注文住宅は一般的な建売住宅よりも高価になる傾向があります。

もちろん建売住宅でもデザイナーが手掛けたようなデザイン性のある家などは高いかもしれませんが、基本的には注文住宅の方が価格が高いです。

理由としては、カスタマイズされたデザインや高品質な素材を使用するため、建設費用が増加してしまいます。

 

デメリット②建設期間が長い

注文住宅を建てるプロセスは通常、建売住宅よりも時間がかかります。

設計から建設までに時間がかかるため、即時の入居は不可能です。

我が家の場合は、打ち合わせ期間で約半年そこから建築で約半年ほど掛かり住むまでに1年以上掛かりました。

 

デメリット③予算管理が難しい

注文住宅を建てる際には、予算管理が難しくなる場合があります。

私達顧客の要求に応じて追加の費用が発生する可能性がありますので、予算を適切に管理することが重要です。

予算オーバーする要因としては、オプション費が嵩み当初の予算より高くなってしまうことが多いです。

また、外構費用などが予想以上に高額になってしまう事などが挙げられます。

 

デメリット④信頼できる建設会社の選択が難しい

注文住宅を建てる際には、信頼できるハウスメーカーや工務店を選ぶことが非常に重要で、建設過程全体を通じてコミュニケーションが円滑に行われることは、家づくりの成功に必要不可欠です。

価格が安すぎるハウスメーカーや工務店などはよく精査しないと思わぬ落とし穴にハマってしまう場合もあります。

 

理想の注文住宅を建てるには?

注文住宅にもメリットとデメリットがあることをご紹介しました。

理想の注文住宅を建てるには、そのメリットデメリットを把握し、時には妥協して決めていかなければなりません。

しかし、多くの方が家づくりを経験するのはたった1回きり。

その1回で後悔のない理想の家を作るのは非常に困難です。

 

ですが、後悔を限りなく少なくさせる方法があったらどうでしょうか?

 

こちらの記事でも紹介していますが、後悔の原因の8割は間取りについてです。

間取りの作成は、契約したハウスメーカーや工務店の設計士が行なうので、全て任せっきりにした場合に、とても使いづらく住みにくい家になってしまう可能性があります。

そうならないためにも、事前に複数のハウスメーカーや工務店に一括で間取り作成依頼をすることで、理想に近い間取りを作ってもらうことができます。

作ってもらった間取り図からアイデアを得て、自分の間取りへと反映させることで理想の間取りを簡単に作ることができるのです。

後悔したくない方は、下記から無料で一括間取り作成依頼を行ないましょう。

【PR】タウンライフ

まとめ

注文住宅は、私達自身の夢の家を実現する素晴らしい方法です。

自由度の高さや品質の保証、最新の技術導入など、多くのメリットがありますがデメリットもあります。

メリットデメリットをよく検討し、後悔のない理想の家にしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングでフォロー

タイトルとURLをコピーしました