PR

【家づくり】まさかローン通らない!?融資の7つの条件は?【お金】

皆さんこんにちは。

ゆすずみです。

 

お家作りをする上で大部分の方が住宅ローンを組みますよね。

基本的にキャッシュで家を買える方はそうそういませんし、大金持ちの方か、一握りの幸運を持った宝くじが当たった方だけですよね。

さて、そんな当たり前の住宅ローンですが、条件によっては融資を断られてしまうことがあります。

そこで今回は、住宅ローンが通らない可能性がある条件をご紹介しますので、住宅購入や建築を予定している方は、十分注意してください

住宅ローン申請の条件は?

①ローンやクレジットカードの返済の滞納なし

返済が遅れる=計画性がないと判断され、返済能力が乏しいと思われ融資を断られてしまいます。

そうならないように、常に月々の返済に充てられる金額は残しておきましょう。

お恥ずかしながら私も返済に一度遅れたことがありましたが、クレジットカード会社に事情を説明したら融資は可能でしたので、早めに連絡をしましょう。

 

②収入に対して申込金額が妥当

自身の収入に合わない申込金額は、返済能力に見合っていないため、断られる可能性があります。

ただし、度を越えた金額でない限り、ある程度大きい企業に勤めていると融資が可能な場合もあります。

あくまで「返済できる金額」に留めることが大前提です。

 

③既婚、同居家族がいる

独身や同居家族がいない場合だと、銀行は投資用で融資を受けるのではないかと、厳しく審査します。

投資用のローンは金利が高いため、金利の安い住宅ローンと偽り融資を申し込む人がいるためです。

 

④購入予定の物件が建築基準法に適合している

中古物件を購入しリノベーション、リフォームする場合は建築基準法に適合していない場合があるので要注意です。

抵当権が設定できない市場価値のないものは融資を受けられない可能性があります。

 

⑤企業に長く勤めている

転職が一般的になってきましたが、長く勤めていないと銀行から返済能力に欠けると判断されてしまいます。

融資を受ける予定の方は転職する前に融資の申し込みを完了させた方が良いです。

 

⑥クレジットカードを作成したことがある

意外とクレジットカードを作成した方が融資を受けやすいです。

クレジットカードを作成するためにも年収等を審査されますので、審査に通ったということは支払い能力があると判断されたということで、融資を受けやすくなります。

また、作成したクレジットカードを一度も使用したことがないと、信用情報に何も情報がないため、裏があるのではないかと判断される可能性があります。

 

⑦クレジットカードやカードローンの多重契約をしていない

クレジットカードやカードローンは現在使用していなくても、「限度額いっぱいで使用した場合」で審査するため、ポイント目的で多数クレジットカードを契約している方などは要注意です。

悪用される可能性もありますので、契約するクレジットカードは2.3枚に留めて、他は解約しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

住宅を建てる、購入する方は基本的に融資を受けると思いますが、いざ申し込んだ際に融資が受けられないなんてことがないようにしましょうね。

お金のことで不安があるならファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談しておくと安心ですよ。

無料相談はこちらをクリック。
【PR】タウンライフ

少しでもお家作りの予算を増やしたいと思う方はこちらを参考にしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました